2009年02月14日

アトピーの悩みは深い

一般に「アトピー」と呼ばれているものは、正式には「アトピー性皮膚炎」といいます。これは強いかゆみを起こす慢性の皮膚炎のことです。これは、アレルギー体質の症状の1つに過ぎず、実際にはその症状も多岐にわたります。

アトピー性皮膚炎に罹患したときの大きな特徴を3つ下にあげておきます。

1 強いかゆみがあり、なかなか治りにくい

2 季節によって悪化と良化を繰り返す
(一般に子供・乳幼児は皮膚が乾燥しやすい冬に症状が悪化するケースが多く、成人は汗やダニが原因で夏に症状が悪化しやすいです。)

3 年齢によって症状が変化する
(アトピー罹患者の3割が小学校入学前までに完治し、10歳までには半数が完治するといわれています。)

やずやの発芽十六雑穀リーブ21【発毛実感コース】オンライン予約
自宅でできる仕事、要注意!自宅でできる仕事

アトピー性皮膚炎になると、皮膚の防御機能が弱まります。皮膚が乾燥しやすくなり、汗や汚れなどの刺激にも過敏に反応しやすくなります。その結果、皮膚が荒れたり、皮膚の水分が減少してカサカサになったり、強いかゆみを感じやすくなるなどの症状が起こります。炎症がひどくなる場合もあります。

生後2,3ヶ月すると、赤い湿疹などの症状が出始めることが多く、赤ちゃんがアトピーにかかり始めている状態です。

フォーランドアルピナウォーター
セルライト除去毛穴黒ずみケア

アトピー性皮膚炎に即効薬はありません。ですが、薬やスキンケアをすることで、ある程度症状を抑えることができます。また、成長が進むにつれて、症状が改善していくことの多いのがこの病気の特徴です。

アトピー皮膚炎には二つの側面があります。ひとつは「アレルギー要因」もう一つが「皮膚バリア障害」です。普通の人にとってはなんでもない物質に、体が敏感に反応するのがアレルギーです。一方、皮膚が本来備えている、有害物質や刺激から身を守る防御機能が著しく低下している状態が、皮膚バリア機能です。そのため、大抵の人が支障をきたさないようなわずかな刺激にも炎症を起こしてしまいます。



ここでは赤ちゃんが湿疹になってアトピーと診断された場合の親の対処方法などを書いていきます。

レーシック安心レーシック費用
レーシック安く受ける方法レーシックで乱視を治したい!
posted by ねも at 03:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。